Tips of eyesight serve【TableTennisQ&A】目力サーブのコツ【卓球知恵袋】


皆さんこんにちは
ワールドラバーマーケットの ぐっちぃです
今回も卓球知恵袋の方 よろしくお願いします
本日のテーマはこちらです 目力サーブというサーブを
皆さんに紹介します これはサーブが切れなくても
相手にレシーブの反応を 非常に遅らせることができる
サーブのテクニックを ぜひ皆さんこれは全員の方が
このサーブ必ず試合でやると もう反応が絶対遅れますので
必ずやるようにしてください 更にこのサーブは
コースも より分からないので
より効くという感じです 三つの手順でやります
まず手順の一つ目 一つ目はこの目力サーブは
まずサーブの構えをします 自分の台で
サーブの構えをする このときに1度バッククロス
相手の顔をしっかり 見てください
よく皆さんサーブ出すときって 皆さんサーブ出すときって
相手の顔を見ずにそのまま トスしてサーブ出して
いませんでしょうか 実はサーブで効果的なのは
このトスを上げるときに 一度相手を相手の顔を見て
しかも目力です ちょっと見るんじゃなくて
しっかり相手をグッと見て グッと一度見る
これが実はサーブが めっちゃ効く秘密なんですけど
顔をしっかり見る グーッて見る感じ
ここまでが手順の一つ目です 今度は手順の二つ目
なんですけど 二つ目は相手の顔を見て
そのあとサーブを出す そのときにフォアクロスの
体の入れ方をしながら フォアクロスの斜めの
いき方をしながら フォア前に短くサーブを
出してください こうすると一度顔はクロス
バッククロスのバッククロスで 行きますよっていう
サーブを出すときに バッククロス見ておいて
バッククロスに体を 向けておきながら
フォア前に持っていく ラケットはフォア前
でも体はバッククロス というギャップをこうやって
其々こうやって生ませると そうすると相手が足の一歩が
かなり遅れて非常に効く フォア前サーブとなります 実はこれで
終わりじゃないんです フォア前によく効くサーブ
これだけじゃないんです 目力サーブの
更にいいところというのは 手順の三つ目になるんですけど
一度サーブを出すときに 相手の顔を見ます
バッククロスを見ます 見て今度は相手を見たあとに
そのままいつもの バックサイドにサーブを
出してみてください これが非常に目力サーブの
面白いところでして そうするといつもの
バックにいく サーブなんですけど
何故か不思議と相手は 反応が遅れます
逆にフォア前に あまりサーブ出さないよ
という方でしたら もう目力サーブでフォア前を
一本だけです 試合中1回だけでもいいので
見せておいてあとは 目力サーブでずっとバック側に
詰めまくるというのが 効果的です
フォア前に例えば フォア前5割バック5割とか
そんな5-5に分けなくても フォア前1割バック9割でも
全然大丈夫です 相手の顔を見ながら
フォア前に1回サーブを 出しておいて
次からバッククロスに いつもどおりサーブを出すとき
必ず相手の顔を1度見て じっくり見るそのあとに
バックに出す でもう1回相手の顔を
じっくり見てから またバックに出す
相手の顔を またじっくり見てから
という感じでやると フォア前がいつか来るかも
しれないという錯覚があるので どうしてもバックサイドが
いつも通りの調子が 絶対
遅れがちになります なのでそういった意味も込めて
このような 目力サーブというのは
フォア前にサーブを 使わない人であっても
あえてバック側だけでも ちゃんと顔を見てから
バックにサーブを出す ということが
非常に効果的な技となります サーブの種類が少なくても
相手の反応を遅らせ あとコースが読めないといった
目力サーブぜひ習得する方 非常に高い実践で
かなり使えるサーブですので よかったらやってみてください
ありがとうございました

7 comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *